スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

Fuzeri varへ行って来ました (フゼリ城・ハンガリー)

ある週末に友人の誕生日会があったので、車をスタコラサッサと進ませ、到着したのは

Telkibanyaという町


こんなブダペストから遠い所、なんか名目が無ければきっと来ないような場所。遠かった(ー ー;)

誕生日会は金曜日から日曜日と?週末?だったので、誕生日の本人や、他のゲストと一緒にチョイと観光へ。

狩りをする人などはこの周辺に来る人も多いそうなのですが、まぁ、我が家には無縁な趣味なので、次にこの周辺に来るのは何時の事やら。。。

行って来たのが
Fuzeri Var(フゼリ城)


城の麓まで来ると、雰囲気にチョット興奮。城の中も綺麗になっていて見て回るのも結構面白い城でした。


駐車場からお城まで徒歩20分程の山道


お城からの眺め

天気がイマイチだったのですが、気持ち良かったです(^^)


帰りに横を通った
Boldogkoi Var(ボルドグクゥイ城)


つい見かけたので立ち止まり。

他にも、ハンガリーの有名ワイン産地のトカイにも立ち寄りましたが、小さな町で、コーヒー飲んで、公園で遊んで家路に着きました。

友人の誕生日会がメイン行事だったので、観光はチョットだけだったけど、行くことの無い場所だったので、楽しい旅行になりました(^^)





Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

さくらの庭

ハンガリーにさくらの庭と呼ばれる村があるらしい。


一度は見ておきたいハンガリーの名所って読み物に載ってて、読んだ瞬間から


気になる。

気になる。。。(つД`)ノ


って事で、仕方ないなぁ・・・って言う夫を連れて週末に『Nagykoru』と言う村へ行ってきました。

Nagykoru村役場ののホームページでは、来週末にさくらの花フェスティバルがあるらしいけど、予定が入ってるので一週間早いけど・・・と思って行ったら、さくら満開でした・・・というか、微妙に散り気味。これ、来週末まで保たないなって状態でした。


さくらはさくらでも、こちらは “さくらんぼ” や “サワーチェリー” の木です。

日本のほんのりピンクの桜では無く、白色。でも、村全体さくらの木が本当に沢山植えてあり、天気は曇り空だったけど、沢山の花の中を歩けて気持ちよかったです。

ま、ハンガリーなので弁当持って花見する雰囲気じゃなかったけどね
(^^;;






各家の前の木もさくらでした


Szolnok(ソルノク)と言う街からそう離れてないのだけど、ちょっと遠回りしたら自然保護地区を横切る事になり


あららららら〜〜!だんだん道が狭くなる〜〜


・・・と思ったら目の前にティサ川。
橋は無し(;^_^A




渡り船が営業してて本当に良かったです


帰りにSzolnokに住む親戚を訪ねたら

『Nagykoruに何しに行ったの?』
『え??木を見に行ったの??』
『そんなトコまで行かなくても、うちの庭に直接来たら良かったのに〜!』

と、半ば呆れられました。
うん、言い分はよく分かる。ハンガリー人の家の庭には果物の木が多く、サクラやモモが満開。でもこのシーズンはやっぱり花見をしたくてウズウズしてしまうのは仕方ない日本人の性ですかね。。。






《PR》
Airbnbにてアパートを貸し出してます
ブダペストの目抜き通り、アンドラーシ通り上でオペラハウスのすぐ前です。
ビジネスで、観光で、短期でアパートをお探しの方は是非ご利用下さい

Luxury apartment at the Opera

Budapest, Magyarország
Brand new cozy apartment on Andrássy street at Opera. Fully equipped and comfortable apartment is ideal for 2-4 people who loves vibrant athmosphere of Budapest city center. Best shops and restaura...
Budapest Szálláshelyek
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

Miniversumに行って来ました

Miniversumと言うジオラマと鉄道模型が合体したような情景模型の常時展に行って来ました。

前から気になっていたけれど、息子もまだ小さいし・・・と思い過ごしていたのですが、息子はミニカー大好きだし、3歳ぐらいの子でも楽しんでますよとお店の人に言われ行ってみることに。

口コミでは1時間半から2時間程楽しめると書いてあったけど、3歳前の息子は3時間経っても『帰らない』、『ここに居る』の一点張りでした(^^;;

すごい食いつくように鉄道模型やバスの動きを観察。親は2時間程でもう出ても良いかな〜〜気分だったのに、息子のはしゃぎ様にズルズル3時間。でも楽しんでる雰囲気に来て良かったなと(^^)







街中の人形達のポーズも色々面白いものもあり、見てて楽しかったです。

横に居た7-8歳ぐらいの女の子は『面白く無い〜帰ろ〜〜』とダダこねてたので、好き嫌いはあるかもしれないけれど、車、電車好きなら小さい子供でもきっと楽しめると思います。

帰る前にもスタッフのお兄さんに『また来るね!また来るね!!!』と念押ししてお店を出た息子、どんだけ好きなんだか(^^;;


Miniversum
Budapest, 6区 Andrassy ut 12.
http://www.miniversum.hu/en/
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

Katalinpusztaへ行って来ました

天気の良かった週末、カタリンプスタのハイキングセンター(Katalinpuszta Kirandulo Kozpont)に行って来ました。

春に一度森のハイキングにも来てるのですが、今回のお目当は初夏に完成したミニ電車です。






一駅分の片道か往復チケットが必要
一駅と言っても大人の足で1分程の距離です(^^)

帰りの楽しみが出来るので、往復チケット購入。案の定、帰ろうかな・・・って思い出したら『電車乗って駐車場戻ろっか』って言うだけで、ぐずる事なく駅へ駆け出して行きましたよ。

電車の力、サイコ〜(^^)v

広〜い公園もありますし、芝ですがバランスバイク乗り回しにも良く、楽しそうにしてました。




ハイキングに出なくても、緑の空気をたくさん吸って、親も子ものんびり出来るので好きな場所です。

猪や鹿なども少し動物も居て、ディノ、延々と見つめてました。

写真は偶然人が居ない状態で撮ってますが、そこそこワイワイしてましたよ。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

王宮の庭 Varkert

天気の良かった週末土曜日
子どもが走り回れて、近くて、行った事ない所に行こうと言う提案に去年?辺りに完成した王宮の庭に行く事にしました。

ブダペストのメイン観光ポイントであるブダ王宮の横にちょこんとくっ付いた小さなお庭です。


道路に面した入り口。
いい天気で暑いぐらい、ディノは目の前を走るトラムに夢中で中々中には入れませんでした(^^;;




庭の中

丘の斜面だし、そんなに大きくはないけどのんびり子どもと歩くには十分

ブダ王宮はこの日イベントにて自由に入れなかったので、端の展望台まで。


気持ちい〜!!


話は変わり、
最近の新しい建物に時々見られるんだけど、鉄を使って壁や柱、小物類でデコレーションしてある建物。鉄がサビてサビがいい色合いを出し、建物を引き立てるのかなんなのか、理由は良く分かりませんが、ここでも、庭から王宮に向かう階段等でふんだんに使われてました


個人的にはイマイチ好きじゃないです。

Posted by Tama | comments(2) trackbacks(0)

外にいたガビチも「すごい綺麗な虹がでてたよ!」って帰って来るなり言うぐらい素敵な虹が出てたブダペストです


写真はOrigo.huより

うわぁ!!
私も見たかったなぁ!!!!!
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

エチェク(Etyek)へ行ってきました

天気の不安定な週末、ブダペスト近郊の町(村?)、エチェク(Etyek)へ仲良くしてるお隣さんとお出かけ。

お隣にはディノより2週間早く産まれた男の子がいるので、動くテンポも似てるし、お互いベビーがまだ小さくて遠出があまり出来ないので、近場でのんびり出来る場所を常に探してる感じ

エチェクはワイナリーとしてそこそこ名前の知れた町(村?)です。

昼過ぎに到着し、お腹も空いてたので、レストランへ。ベビーが泣く心配もしてたのだけど、緑が多い空気の綺麗な場所だとものすごい寝てくれるんだね〜


2人ともミルクの時間も忘れて延々と寝てました。(殆ど同じだけど右側がディノ)

入ったレストランはRokusfalvy Fogado
スープはそこそこだったけど、メインの料理はボリュームもあり、美味しかった!

お肉は柔らかいし、
ベビーはぐっすり寝てるし
シアワセ・・・( ^ω^ )
Rokusfalvy FogadoのWebはこちら


突然降り始めた雨も上がり、日がさし始めた夕方、少し探索。

夕日がブドウ畑を照らし、気持ちの良い時間




バギーを押すパパ達
これが俗に言うパパ友ってやつかしら(^^)?


石畳、ものすごい振動なのに2人ともよく眠る。

探索の先はワイナリー
出発前にチェックしてたHaraszthy Pinceszetへ
(Webはこちら)

もちろん、パパ達のお目当てはワインの試飲。
それにしてもこのワイナリー、庭がステキだった!!レストランを併設してて、お値段は安く無いみたいだけど、一度食事しに来てもいいなぁ、ステキなトコだなぁって、私とお隣のママさんは目をキラキラ。

こんなトコ住んでみた〜い!







ブダペストから30分程度の場所だけど、なんかのんびりとした午後になりました。


家に帰ってきてようやく起きたディノ。泣いてなけりゃ子ザルのようなベビーです。

Posted by Tama | comments(4) trackbacks(0)

Kehida(ケヒダ)に行ってきました

ガビチの幼馴染の友人たちと、Kehidaという場所に遊びに行った。
(5月の始めに行ったから、ちょっと前の話なのだけど。)

絨毯のように大きく広がる菜の花畑を両脇に見ながらの道のり。
Kehida

Kehidaはバラトン湖から少しずれた村。
温泉があることで、それなりにハンガリー人の間では知られた村なのだけど。
温泉以外何にもありませんでした。

沢山部屋のある家を借りて、男性人は外でキャンプ料理を作ったり。
私は延々と寝てたし、子供たちは外で走り回ってるし。

そう、3泊4日で出かけたのだけど、見事に何もせず過ごした4日間です。

家の外はのんびりカモが歩いてるぐらいだし・・・。

Kehida

温泉は、そんなに悪くなかったけど、
外、木陰も少ないし。子供たちが多すぎてうるさいし。
一人、別料金の温泉のスペースに行って、静かに寝てました。
(あまりに暇すぎて他にやる事が無い・・・。そして協調性も無い。。ちゅん)

でも、良い感じに田舎なので、
朝、ランニングに出かける事に。何処走ろうかな?って思ってたら

Kehida
こんな看板が。
往復したら4キロ、そんな長くないし、目的が合ったほうが楽しいし
湧き水が何処からか流れ出てるのかな〜?なんて思いながら走る。
道も丘のような道で、鳥のさえずりを聞きながら、朝、そんなに気温も高くなく気持ちよかった。

Kehida

途中に教会もあって、
ランニングついでに少し村観光。
Kehida

ようやく看板の『Deak Kut』を発見。
最後までちゃんと看板が立ってて、簡単に見つけれたのだけど。

湧き水が流れてるのではなく、
小さな井戸でした。

Kehida

・・・微妙だなぁ暑い

Kehida

そんなに期待せずに行ったから、良いんだけどさ。
とりあえず扉を開けて、井戸に水がはってある事だけ見て、早々に退散。

・・・って言うのも、なんか居心地のものすごく悪い場所だったんですよkyu
一刻も早くこの場から立ち去りたい感情っての?あんまり普段そんな気にならないんだけど、
この場所はどうも苦手な感じで、昔、婆ちゃん家にあった井戸もものすごく見るのが苦手だったから、
井戸と井戸水がそうさせるのかな〜?なんて思いながら立ち去ったんです。

で、友人たちが居る家に戻って、『Deak Kut』に行った話しをしたら。
一人が『Kehidaの見所の一つだよ〜!水も飲めるらしいよ??飲んだ??』って。

一応Kehidaの温泉以外の見所らしい。
水は見てるのも嫌で、飲むなんてもっての外だったけどね。

で、別の一人がネットを開いてたので、それを一緒に読んでたら。

どうもこの井戸の側はレイライン(古代の寺院がこのライン上にあったり、強い力がある聖性ラインと言われる)が走ってるらしく、エネルギーに満ち溢れてて、そこではポジティブな考えや全てよい気を与える・・・って書かれてた。

・・・・どうも、私の感覚は全部逆なんですけど、
あんまりそういう事は信じないけど、そんなライン上に在る井戸だそうですよkyu


友人たちと借りた家はものすごいよかったけど、
この村のリピーターにはならないな。

うん。暑い
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

クロスカントリースキーに挑戦

ハンガリーでスキー靴を履いたのは初めてです。
しかも場所はブダペスト。

先週の雪がまだ残ってるブダペスト、
12区のNormafaという場所は、丘の上で、雪解けが少なく、
格好のそり遊び場なのですが、

毎年、雪遊びに来た時なんかに、大人にスキーなんかも教えてるのを見てて、
リフト無いのにどうやって上がって来るんだろ?ってずっと思ってたのですあ、
スキーはスキーでもどうもクロスカントリースキーを教えてたようです。

今回私も、Normafaで、クロスカントリースキーに挑戦。
ハンガリー語だとSifutas(スキーランニング)。そのまんま。
美容院の女の子と話をしてて、すごい気になり始め、試してみたくなり。
ブダペストで試せるって聞いて、雪もあるし、土・日曜日に即出かけましたよ。

Normafa

Normafa


感想は・・・・




疲れた暑い




スキーとはまた別物。
実際、スノボをずっとしてきたから、スキーもたいして滑れないんだけど。
でも、なかなか楽しかった。
今後スピードを競いたい言うより、ハイキングとスキーが一緒に出来る辺りが、冬のお出かけの幅が広がるかな〜、なんて思い、私は続けても良いなぁって気持ちいっぱいなんだけど、一緒にガビチは気に入ったような、そうでもないような、微妙だな。夫婦で出来ないと一緒に出かけられないしな〜。ど〜かな〜。



・・・もう一つの悩みが、足が全体的に筋肉痛ゆう★


いたた・・・。
Posted by Tama | comments(2) trackbacks(0)

スピリットホテル・ハンガリー

近年ハンガリーでもあちらこちらで立ち始めた
ウェルネスホテル

観光でホテルに泊まると言うのではなく、
リラックスをしにホテルに行くというのも、よく聞く話。
(ハンガリー人、料理等で煩わしいクリスマスを逃れ、ウェルネスホテルで祝う人も増えてるみたいですね。家族一緒なんだし、家族で祝う意味合いは変わらないとテレビでコメントしてはる人も居ましたが。ガビチ的にはNG。まぁ、日本でも正月にスキーに行く人もいるし、気持ちの問題でしょうが。)

プール、温泉、ビューティ、スポーツ、マッサージ、サウナ等々
快適、安らぎを提供してくれるウェルネスホテル。

庶民な私たちが、そんな休暇をしにフラッとそんなホテルなんてそうそう行くわけじゃないけど、
去年はガビチと知り合って10年だし、年末のある日、お祝いにホテルでのんびりする事に。

行ったのは、一度行ってみたかった
シャールヴァールにあるスピリットホテル。
Spirit Hotel
H-9600 Sarvar, Vadkert krt. 5.
http://www.spirithotel.hu/

View Larger Map

一般のハンガリー人からすれば高級ホテルなので、なかなか行けずにいたけど、
今回、10年のお祝いだし!!なんて、あれこれ理由を付けておでかけ。
ホテルのオーナーが知り合いの知り合い(ハンガリーでよく聞く話し方ちゅん)なので、
20%オフのサービス貰った上に、時間外チェックインとアウトをアレンジしてくれて
出発日もチェックアウトの時間気にせず、のんびり出来たのは、ホントにラッキーでした。

今までも色々なホテルに泊まったけど、
ここ、かなり居心地のいいホテルでした。
プールや温泉も種類が多く、広かったし、休憩場所もスペースが広く取られてて落ち着く。

サウナもかなりお勧めで、沢山の種類のサウナがあり、サウナマイスター(サウナの専門家)がいつも居て色々アドバイスくれたり、時間になるとサウナの熱源の炉の焼けた石に水を掛け、気化して立ち昇る蒸気をタオルでブンブン回しながら蒸気浴が行えたり、塩や氷、蜂蜜、ヨーグルトなどが渡されたり、なかなか面白い。
一度、別の本格サウナで経験したからあまり躊躇は無かったけど、ここも男女混同で、水着着用不可。
大きなシーツが山のように積んであるので、シーツに包まってればいいし、サウナでの開放感もあるし、体に蜂蜜なんかつけたりするから、水着無い方が便利だけど、やっぱり少し抵抗感ゆう★

スピリットホテル

スピリットホテル

スピリットホテル

他にも
ハマムというトルコ風呂もあるので、そのマッサージを申し込んだのですが、
入り口で『ハマムってどう言うものか知ってますか?』って聞かれ。

『えぇ、トルコで体験した事がありますわ・・・kyuって控えめに言ったら

『あ!!ここのはトルコのとは大きく違いますから!』って断言された。

それじゃぁ、なんでハマムなんて名前売ってんねんエリザベス
って、もちろん突っ込みたくもなったけど、

トルコのハマムが『風呂に入る』って事をメインにしてるなら、ホテルのは『よりロマンチックに』がテーマのようで、マッサージも撫でる様なマッサージ。トルコの泡と水サブザブの頭までマッサージするイメージとは断言通り、大きく違いましたよ。まぁ、このハマムはそこそこ。無難にタイマッサージとかにしときゃよかった。

部屋は少し奮発して、キングルームに。
ベットが円形でぇヤッタvきらきら
矢印
スピリットホテル

部屋にジャグジーが付いてるkyuheart
矢印
スピリットホテル

万年シングルの男性に話したら、『それがどうした??』って鼻先で笑れた。
『そんな事言ってるから、万年シングルなの!ゆう★って言い聞かせ。

スタッフも親切で、ホントのんびり過ごした4日間のホテル暮らし。

・・・う〜ん、クセになりそうちゅん
Posted by Tama | comments(4) trackbacks(1)
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS