スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

公園遊び

夏休み。

結構毎日の勢いで公園続き。近所にある公園は木陰で気に入ってたのだけど、遊具がベビー向けなので、3歳児は興味が薄いらしく、あちこち公園めぐり。

あぁ、暑い。


先日友人に誘われた公園は、砂場の真ん中に水遊び用の遊具があって、水遊び・泥遊び専用砂場でした。



不衛生かもしれないけど、水・泥遊び大好きだよね、子供達。。。

砂場に行ったら、水道と砂場を行ったり来たりしてたので、砂場の真ん中に水があると便利だなぁ〜〜!っとも思ったけど、延々と子供が水を出してるので、砂場と言うより水たまり状態。

水たまり遊びも出来て、何とも楽しそうでした。

(夏の公園は着替え必須(ー ー;))
Posted by Tama | comments(1) trackbacks(0)

消防署

保育園の遠足で息子(3歳)が消防署へ行って来ました。



消防車は好きだけど、近くに来ると威圧感があるせいか、小さな頃から近づきたがらない息子。最近、日本に帰った時も近所の消防署に少し寄ったら、優しい消防署員さんで『乗ってもいいよ!』『サイレン鳴らす??』など、色々聞いてくれたのに、母にしがみ付いて半べそ。

今回の遠足も『消防署行きたくない・・・』『大きくなったら消防車乗るけど、まだ僕小さな赤ちゃんだから・・・』と、弱気発言を繰り返し(ー ー;)

乗りたくないなら『乗りたくない』って言えばいいよ。と言いながら送り出しましたが、


保育園に夕方迎えに行ったら、

『アニャァ(母の意)!!!僕、消防車乗ったよぉ〜!!!』ってもう自信満々で飛んで来ました(^^)

勇気だしたね!頑張ったね!!と、頭撫でながら、またチョットお兄ちゃんになっちゃったな〜〜っと、嬉しいけど、まだ"小さな子"を楽しみたい母は、成長に慌てふためいてマス。




保母さん曰く『もう、なんでもニコニコしてやってましたよ〜!』だって。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

あれ?

息子(3歳)と夕方公園からの帰り道

『夜ご飯なに?』って聞いてくるので

『チキンの竜田揚げだよ〜』って夕飯メニューを教えたら、

『僕、ハンバーガーが食べたい』と答えられた。


どう返事しようかなぁと思いつつ、希望を叶える方向へ

『ハンバーガーかぁ、美味しいねぇ。じゃあパン買って帰って、パンの間にチキンはさもっか?チキンバーガーだねぇ。』って応戦すると

『ヤッタァ!チキンバーガー!!!』

・・・と、いとも簡単に快諾。


もしパン食べなくても、朝ごはんで食べたら良いやと、帰り道パン屋に寄って帰る事にしました。



歩いてる途中『キフリパンとジャムレパンどっちが良い??』と聞くと


三日月のようなキフリパン


丸っこいジャムレパン

息子は即答で『キフリパンが良い〜〜』とよく行くパン屋に走って入って行きました。



ハンガリーのパン屋はケーキ屋の様にガラスのショーケースに入ってる為、店員さんにオーダーをして取って貰うのですが、息子がオーダーしたいと言うで、抱っこしてあげると。


元気いっぱいに『カカオーシュチガください』って言い切りました。


もう、ズッコケそうになるのを堪えつつ


店員さん『一つ?』と息子に聞き返し

息子も指で一つと見せながら『はい』って上手に返事しているのを見ながら


カカオーシュチガ
(ココアロール、人気の菓子パンの一つ)


上手に返事出来るようになったなぁ〜と思う反面、頼んでる物が全然違うんだけどね・・・とも思いつつ。


結果、まぁ朝ごはんにすればいっかで買いました(息子に甘い母)。夕飯時、息子は機嫌良くチキンを“サラダ”と“ご飯”で食べてました。

ハンバーガーはどうなったんだい?って密かに思いつつふと、

あれ?

なんか上手く騙されてる・・・私・・・?と思った夕方でした。

(^◇^;)
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

あるあるネタだったんだ・・・

日本に帰った時にユニクロで買った息子(3歳)のTシャツ。レゴシリーズで夫もイラストに『悪くないやん!』と親が気に入って買ったのだけど




ある日庭でグリルをしていた時

息子がタタタ〜っと走って来たかと思うと、グリルの少し離れた所で止まり、持ってたホースの散水ノズルをお肉が美味しそうに焼けてきてるグリルに焦点を合わせて、水発射!!


まぁ、水の元栓閉めてたから水は出なかったけど・・・(^^;;


本人も『あれ?』って、ノズル覗いてたけど・・・全てが一瞬でした。


『僕、消防士なの!火を消すの!!』

と、水の出ないホースを持った息子はプゥ(T ^ T)!!っとふてくされてましたが、夫とTシャツのイラストを思い出して、これって育児あるあるネタだったんだねと大笑いした出来事です。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

男の子だから

何時も野花を摘んでは母にくれる息子(3歳)。めっちゃ可愛いと惚れまくりの母
(^ ^)

なので、ちょっと可愛い野花が咲いてたので摘んで息子に『はい、お花どうぞ』ってしたら



『いらない!僕男の子だもん!』

って、一丁前な言葉が返って来た。
お花は女の子にあげる物って、いつ思うようになったんだろう?なんて、考えてたら、

トトトって走って行って

『アニャ(母の意)!これが男の子のだよ』


って青紫の野花を摘んで来ました


あ、問題は色だったか。。。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

幼稚園準備

幼稚園で使う物を購入。
とは言っても、制服のような規定の物が一切無いので、大抵の物が家にある物で揃うのだけど、園で着替えを入れておく袋は購入。


(前がファスナーになってる物も多い)

これにハンガーを付けて棚に吊るしておくのだけど、一度この中に服を入れると、物を探す時にぐちゃぐちゃになるし、中に何が入ってるか思い出せないし、見る気も起きない。入れてるだけで服がサイズアウトしてたり、イマイチ使うの苦手。カゴとかにしてくれたら楽なのに
(ー ー;)

まぁ定期的に確認すれば良いだけなんだけどね。

父の手作りアップリケを張り付けて、準備完了。


レトロな感じの『ふね』がちょっと可愛いです
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

公園のリス

個人的な絵日記より。

公園で遊んでいたら、リスが視界の端を横切ったようで、息子(3歳)が走って追いかけたけど、リスは木に登ってしまいました。



しばらく木を見上げていたら、リスが木から降りて来ようとしたのだけど、息子を見て幹の上でストップ

息子は満面笑顔で

『リス〜〜(^ ^)!』って叫んでる

でも、リスったら幹の所で息子からのみ逃げてました。その逃げ方が側から見てると面白くて、可愛いくて!

幹の周りを息子が動けばリスも動く



常にかくれんぼするように逃げてました。それを10周から15周ぐらい木の幹をぐるぐるしてたかな?



もう、リスの動きがかわいいのと、真剣にリスを探してる息子と。
夫となんだか笑いが止まら無いひとときでした。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

幼稚園準備

保育園・幼稚園では文字で名前が読めないの子供達の為に、個々にマークが付きます。


こんなの
結構かわいい。

持ち物にマークを付けて、子供に自分の物を把握させるのが目的。

でも、子供に『このマークを付けたい!!!』って思ってる人も多く(特に母親(笑))、早い者勝ち争奪戦みたいでした!


夫は『何でもいい、争奪戦になる方が不思議』らしいですが・・・


これから持ち物にマーク(名前)付けをする私にとって、現在の保育園のマークと同じか、絵が描きやすい物を希望だったので、“何でもいい” は無いかな。しかも兄姉がいたらお下がりもあるし、もっと希望は強くなるよね(^^;;

今回は保育園と同じマーク『ふね』を確保出来たので、本人に新たに教える必要もないし、良かった〜って思ってたら


日本の家族から
『ふねのアップリケって全然売って無いわ〜〜!』だって
有りそうであまり無いの??
(T ^ T)ウソ〜〜ン

そしたら

日本の父と(何故か)兄もふねのアップリケ作ってくれてるんだって。
愛ダワ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ちょい探せばハンガリーでも売ってるだろうけど・・・ね。今は甘えときます♪
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

幼稚園準備

9月から晴れてハンガリーの幼稚園に入園が決まった息子(3歳)

入園説明会があったので行って来たのですが、息子のクラスは若い先生が2人。

そしてなんとも歯切れが悪い!!(^^;;

公立幼稚園なので、区からの支給が少なく保護者が日用品を補充してる事が多いのですが、

クラス毎の話し合いになった時に
先生に『月に一度、トイレ紙、石けん、ティッシュをクラスの備品として持って来て下さい』と言われた時でも

保『トイレ紙は何ロール持って来るの?』

先『ひとパック・・・』

保『だからひとパック何個入り?4つ8つ??』

先『だからひとパック、何個でもいいのでパックで持って来てくれたら・・・』

保『じゃあ4つ入りでいいの?足りる?』

先『たぶん・・・でも月によって違うし・・・』

一つ一つがこんな感じで、話も進まない(苦笑)

結局、私が理解出来たのは
量も期日も親の采配で適当に無理なくやればいいって事で落ち着きました。


ホンマ適当やけど、大丈夫なんかなぁ?


Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

最近とっても否定形

息子3歳の最近の話し方がとっても否定的。

とは言ってもイヤイヤな訳じゃなく
否定した後で、こっちを見てニヤッとしてます。

ご飯モリモリ食べながら
『おいしいじゃない』
ねんねに誘うと
『ねんねするじゃない』

って、否定文は全て肯定文の後に『じゃない』が付いてるだけ。

でも、
『プッシー(チュウの意)じゃない』
『ギュゥ(抱きしめる)じゃない』と
母の大好きなスキンシップもすでに拒まれてるので


母とっても悲し。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS