スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

子守唄

子どもを寝かし付けるのに子守唄を歌う人も少なくないでしょうが 、ディノの寝つきには
 
『大きなノッポの古時計』

歌詞が毎回寂しいなぁとも思うのだけど、 生後あれこれ歌ってみて、寝つきが良いので今でもずっとコレ。でも、日本の友人が言うにこの歌を子守唄にしてる人多いらしく、 きっと聞き心地の良いメロディなんだろうな。

お隣のハンガリー人も毎回歌ってる子守唄がある。 夏にも歌ってたけど、 歌自体は今のシーズンにピッタリのハンガリーのクリスマスソング
数年前にハンガリーのテレビCMで使われてて、 知ってはる人も多いでしょうが。私のお気に入りの曲の一つです( ^ ^)


 
Add Tovabb (Csondor Kata)

Hoban ebred majd az unnep,
minden percben nevet rank.
Tud-e barmi szebbet adni,
mint a bekes nagyvilag?
 
Korbenezel, s latsz egy arcot,
amin neman gond pihen.
Remenyt adhatsz par mosollyal, 
hogy a holnap mas legyen.
 
Jut meg barkinek 
a tiszta fenybol egy cseppnyi lang.
Jokedv konny helyett.
Ha masod nincs is, ezt add tovabb.
 
Hoban ebred majd az unnep,
minden percben nevet rank.
Tud-e barmi szebbet adni,
mint a bekes nagyvilag?
 
Korbenezel, s latsz egy hazat,
mit a napfeny elkerul,
kopogj csendben, meleg szivvel,
ugy mar nem lesz egyedul. 

Jut meg barkinek 
a tiszta fenybol egy cseppnyi lang.
Jokedv konny helyett. 
Ha masod nincs is, add tovabb. 

Van meg gondolat, 
mi atadhato.
S van szaz pillanat,
mi szetoszthato.

Jut meg barkinek 
a tiszta fenybol egy cseppnyi lang.
Jokedv konny helyett. 
Ha masod nincs is, ha masod nincs is, 
csak add tovabb.
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

今年のEurovision

一年に一度Eurovisionと言う、ヨーロッパの歌のフェスティヴァルがある。
各国一人(一組)が代表して歌い、視聴者がどの国が良かったかを投票するシステム。
でもちゃんと、自国には投票出来ない仕組みになってるのです。

ハンガリーは『A DAL』と言う国内音楽番組でこのEurovisionに出場する歌手を選んでて、土曜日の最終選考で『ByeAlex』という歌手が選ばれてました。

今年のEurovisionは5月14日から18日


選ばれたByeAlexのビデオ
タイトルは『Kedvesem』(私の可愛い人って訳したらいいかな?)
かなりユル〜イ歌ですkyu



Az en kedvesem egy olyan lany, akit
farkasok neveltek es
tancolt egy delibabbal,
majd elillant csendesen
az en kedvesem.
O az en kedvesem.

Az en kedvesem egy olyan lany, akit
atolel het kontintinens,
csobban szep tengererkben
s tancot lejt fent felhok kozt
a kedvesem.
O az en kedvesem.

Refren:
Mert nekem nincs most mas,
csak a kedvesem, az en kedvesem.
O barhol jar,
az ugy jo nekem, az ugy jo nekem.
Mert mindig ram talal
az en kedvesem, az en kedvesem.
Ugy dudolnam:
ez igy jo nekem, ez igy jo nekem
ez a dal.

Az en kedvesem egy olyan lany, akit
hobortos almok tepnek,
kocos hajat reggelente, szelek fonjak
ettol mas a kedvesem.
O az en kedvesem.

Az en kedvesem a vegtelennel
ujjat huz es sosem retteg,
rozmaringbol keszit hintot,
tucskok huzzak.
Igy nyugtat meg csendesen.
O az en kedvesem.

Refren:
Mert nekem nincs most mas,
csak a kedvesem, az en kedvesem.
O barhol jar,
az ugy jo nekem, az ugy jo nekem.
Mert mindig ram talal
az en kedvesem, az en kedvesem.
Ugy dudolnam:
ez igy jo nekem, ez igy jo nekem
ez a dal.

Nincs most mas, csak a kedvesem,
az en kedvesem.
O barhol jar,
az ugy jo nekem, az ugy jo nekem.
Mert mindig ram talal
az en kedvesem, az en kedvesem.
Ugy dudolnam:
ez igy jo nekem, ez igy jo nekem
ez a dal.

ちなみに下は最終選考に残ったByeAlex以外の3人です。

Kallay-Saunders Andras
『My Baby』


Radics Gigi
『Ugy faj』


Vastag Tamas
『Holnaptol』
Posted by Tama | comments(1) trackbacks(0)

シルク・ドゥ・ソレイユ

一度、ラスベガスで公演を見て以来、今までで一番素敵なショーとなってる
シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)の”O"
舞台が水で、シンクロと言いアクロバットといい、とても素敵で行ってよかった公演。



シルク・ドゥ・ソレイユとは
(Wikipediaより抜粋)
今日シルク・ドゥ・ソレイユでは複数のレジデントショー(常設公演)、ツアーショー(巡回公演)を並行して行っており、独特のスタイルに基づいたそれらのショーは、その芸術性の高さから多くの名声を集め、世界中で幅広い人気を博している。カナダ・ケベック州モントリオールに国際本部が置かれている。
ショーのスタイルにはサーカスの伝統様式を取り入れているが、演者としての人間を強調する「ヌーヴォー・シルク(新サーカス)」と呼ばれるもので、動物を使った曲芸は行わない。大道芸、サーカス、オペラとロックの要素をふんだんに取り入れ、体を自在に曲げる軽業や、ジャグリング、力業、道化と空中ブランコなどがよく登場する。彼等のショーに登場する衣装は非常に多彩でそして創造的であり、祝祭の雰囲気を醸し出している。


”O"ではないけれど、シルク・ドゥ・ソレイユの”Alegria(アレグリア)"の公演がブダペストであったので先週末見に行ってきた。チケットはずいぶん前から買ってたから、もう首をず〜〜っと長くして待ってた公演です。

私が予定表に”Alegria”って書いてたら、ガビチが『GとR入れ替わってるよ』って。

Alergia(アレルギア)ハンガリー語のアレルギーの意と音が似てる。

『って、違うだろ!!』


それにしても幻想的でアクロバティックは素晴らしくピエロは涙出るほど笑えたし。
楽しい公演でした。


AlegriaのYoutubeを見つけたので貼り付け。


でも、この音楽を聴いて、ハンガリー在住の人『あれ??』って思いません?

この曲と全く同じ曲が、ハンガリーの歌でもありますよね。
しかも曲のタイトルがMagyarorszag(マジャルオルサーグ、ハンガリー語でハンガリーの意)なので、ハンガリーオリジナルの歌だとばっかり思ってたのだけど、違ったんですね。

いや、びっくりkyu

ハンガリー語版のWikiで見ると
ゲスティ・ペーテルがシルク・ドゥ・ソレイユのニューヨーク公演で初めて音楽を聴き、著作権等のコンタクトを取り、使用許可の申請を行った。ハンガリー語で歌詞を作り英語に翻訳してニューヨークに送り、許可が下りた時、歌手を決める段階でFrancesca Gagnonと声帯の近いOlah Ibolyaが歌手として選ばれたそうです。

矢印これがその曲


(歌詞)
Olah Ibolya / Magyarorszag
Van egy orszag, ahol almomban jartam:
Magyarorszag,
ahol az arcodban lattam a magam arcat.
Az olelesben boseg, az igaz ugyben huseg voltal.
En ezt az arcot mar orzom,
Magyarorszag!
Hiszek az almomban egy eleten at...

Magyarorszag!
Te vagy a szivembe irva.
Magyarorszag!
Te vagy a lelkemre bizva.
Magyarorszag,
hat te vezess most engem, es amit meg kell tennem segitsd!
Legyel a holnapban rejlo bizonyossag!
En csak az eletem bizom rad...

Van egy orszag, ahol almomban jartam:
Magyarorszag,
ahol az arcodban lattam a magam arcat.
Gyere es egyszer vegre, amikor uj nap ebred, te varj!
Gyere es bujj hozzam ujra
Magyarorszag!
En ezer ev ota varlak mar...

Gyere es egyszer vegre, amikor uj nap ebred, te varj!
Gyere es bujj hozzam ujra
Magyarorszag!
En ezer ev ota varlak mar...

Magyarorszag!
Idegen foldon ha jarok,
Magyarország,
velem az ut is megfordul haza hozzad.
Velem az osok kernek, engedd, hogy benned eljek
tovabb, ahogyan ok elnek bennem,
Magyarorszag!
Milliok aldasa szalljon rad!

Velem az osok kernek, engedd, hogy benned eljek
tovább, ahogyan ok elnek bennem,
Magyarorszag!
Milliok aldasa szalljon rad!

Legyel a holnapban rejlo bizonyossag!
En csak az eletem bizom rad!

Legyel a holnapban rejlo bizonyossag!
Milliok aldasa szalljon rad!
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(4)

Havasi Balazsのコンサート

一体何時の話なのだか、
数週間前に行ったハヴァシ・バラージのコンサート。

テレビで新しいタイプのコンサート、すばらしいと話題でね。
思いっきりミーハー気分で行ってきましたよ。

ハヴァシ・バラージ、ハンガリー人。
まぁまぁの男前36歳、ピアニストで作曲家。

今回のコンセプトはムンカーチ(ハンガリー人画家)の絵画の数々にあわせて
音楽が繰り広げられてました。

なかなか派手なコンサートで、楽しかったですよ。

今回のコンサート
Havasi Balazs / brash and Piano


その他にも何件かYoutubeで見つけたので貼り付け。
興味のある方はどうぞ。

矢印太鼓の音はやっぱり素敵。


矢印・・・あれ?ブダペストの町並みが突然競技場に変わるウニクムの広告の画像と一緒。
ドラマーはハンガリーのロックバンド、フーリガンズのドラマーです。
一度温泉で見かけた事があったな。


Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

ハプスブルクからの革命記念日

1848年3月15日
オーストリア・ハプスブルクの2重帝国からの自由を求た革命の日でハンガリーの国民の祝日。
この日は各地で催しが行われたり、各政党のスピーチがあちこちで行われてたりする。
私たちも昼過ぎ街へ出かける事に。
街の中心分は交通規制があるので、普段車通りの多いセーチェニー広場も歩行者天国。

hungary

向かった先は国会議事堂、首相のスピーチを聞きに。
・・・でも、人が多すぎて、旗も立ちすぎてて


hungary

・・・何にも見えない。 ・・・全く動けない暑い

通りの後ろの方まで、大画面で舞台の様子を放映されてるけど

・・・大画面が真上だから、これも見えない暑い
(声だけはスピーカーのおかげで聞こえるけど)

この祝日によく耳にする曲があるのですが、
これはハンガリー人詩人ぺトゥフィー・シャンドールのネムゼティ・ダルと言う詩に曲を付けたもの。
彼が国立博物館の階段に立ち、この詩を読み民衆の革命意識を高めたそうです。


Petofi Sandor - Nemzeti dal

Talpra magyar, hi a haza! Itt az ido, most vagy soha!
Rabok legyunk vagy szabadok? Ez a kerdes, valasszatok!

Rabok voltunk mostanaig, Karhozottak osapaink,
Kik szabadon eltek-haltak, Szolgafoldben nem nyughatnak.
A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszünk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszunk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

Sehonnai bitang ember, Ki most, ha kell, halni nem mer,
Kinek dragabb rongy elete, Mint a haza becsulete.

Fenyesebb a lancnal a kard, Jobban ekesiti a kart,
Es mi megis lancot hordtunk! Ide veled, regi kardunk!
A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszunk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszunk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

A magyar nev megint szep lesz, Melto regi nagy hirehez;
Mit rakentek a szazadok, Lemossuk a gyalazatot!

Hol sirjaink domborulnak, Unokaink leborulnak,
Es aldo imadsag mellett Mondjak el szent neveinket.
A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszunk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

A magyarok istenere Eskuszunk,
Eskuszunk, hogy rabok tovabb Nem leszunk!

ハンガリー革命3月15日
(Pest, 1848. marcius 13.)

・・・って、当時は曲なんて付いてなくて、
普通に詩だったわけだから、こっちの方が正しいのかな





首相のスピーチの後は出店が出て色々な催しをしてるって聞いてたのでブダの王宮へ歩いて向かう。

鎖橋も歩行者天国状態だったし、

hungary

王宮下にあるゼロ碑。
ゼロキロメートルを示してて、ブダペストから何キロって表示はここが出発地点となってる。

hungary

ブダの王宮に上る最中に見た、国会議事堂。
夕日が当たって綺麗だな。


hungary

催しの終わりがけに到着したけど、まだまだすごい人達。
久しぶりに王宮周辺を歩いたけど、相変わらず雰囲気があっていい場所です。

hungary




長く改装続きだったけど、去年だったかな?終了して綺麗になったマーチャーシュ教会


hungary

夜の雰囲気も綺麗です
すごい人達で、バスやトラムも通常通りに走ってなかったから結構沢山歩いた一日でした。

hungary
Posted by Tama | comments(4) trackbacks(0)

夏に流行ってたハンガリーの曲

夏にラジオでやたら流れてて、単調なメロディーなのでサビの部分がやたら耳に残った歌。
オリジナルはFluorのMizuという曲、それをKeshがアコースティック調にリメイク
テレビでリメイクの方をまた別の女の子が歌ってたのを久しぶりに聞いて、
やっぱりリメイクの曲の方がオリジナルより私は好きだなぁ思った夏のヒットソング。


Zuzunk az ejszakaban en meg par haver
na mondd csak, mi a palya ha hivnak, menni kell
regota nincs kiut csak lanyok es fiuk
nekem bejon ez a szitu nekem bejon ez a szitu

*1
Csak akkor bulizom, ha ugy van es altalaban ugy van,
lenn megtalalsz a klubban mert nekem bejon ez a szitu
a sok buta sztori rolad csinaljunk most olyat,
amit megbanunk majd holnap

*2
Kicsilany, ou, szia, hello!
alljunk ossze, mint ket kicsi lego ou
na figyu mar, mondom mi a szitu te lany, en meg fiu
na mizu, mizu, mizu?

A klubbok reg bezartak a varos felebred
vilagos van, de nalam a bulik kemenyek
a cuccok szetdobalva after a szobaban
te es en a felhomalyban filmezunk az agyban?

*1
*2

rap:
Te is tudod, hogy van ha Kesh itt felbukkan
partyszemcsi nelkül, a 8-as studioban
az akusztiktol a hangulat csak ugy lesz laza,
ha belassul ugy, mint a bossa nova


一応オリジナルはこちら、なんかナヨッとした男性なのだけど、
この夏は色々なところで出演してたし、人気・・・あるのかなぁ?歌はヒットしてたけどね。
Posted by Tama | comments(4) trackbacks(287)

耳に残る歌

同じ音楽を数日前にも貼り付けたけど、
音楽が耳に残ってしまって、気づけば鼻歌を歌ってたりして。
こう、国を思う歌なんかを聴いちゃうと、なんか日本に行きたくなっちゃうんだけどねぇ・・。

歌ってるのはハンガリー人歌手のCsezy。綺麗な人ですよねぇ。
10月の終わりに元彼氏か元夫かが自殺したとかで、ニュースになってたけど・・・
(あっ歌と関係ないか。)


Itthon a legjobb... Minden élménnyel több leszel!

歌の歌詞
Volt itt mindig, aki bátran szólt, mindig voltak nagyot álmodók,
a nincs-ből is várat építők, az el nem csüggedők.
Hány gondolat és mennyi szív, ami századok múltán is tenni hív,
most is új erőt ad és lelkesít, hogy naggyá légy megint!
Bárcsak értenénk a múlt intő szavát, az Égre vésett jelzést, mit csak Szívünk lát!

Jöhet bármi, Te mindig tudd, hogy;
Áldott itt e Föld, a hömpölygő folyók, az erdők és mezők.
Ez az otthonunk itt kell élnünk, múltunk és jövőnk, minden hozzá fűz,
álma bennünk testet ölt. Így lesz ez örökké.

Mennyi érzelem és szenvedély, ami a téli fagyban is visszatér,
mindig új tavaszt vár és jót remél, hogy fel ne add, hogy élj.
Nem a gyűlölet a gyávaság, csak a Szeretet az, ami visz tovább,
hogy szebb napokban is mindig lásd mások fájdalmát.
Bárcsak értenénk a múlt intő szavát,
az Égre vésett jelzést, mit csak Szívünk lát!

Jöhet bármi, de mindig tudd, hogy;
Áldott itt e Föld, a hömpölygő folyók, az erdők és mezők.
Ez az otthonunk itt kell élnünk, múltunk és jövőnk, minden hozzá fűz,
álma bennünk testet ölt.
És ha gyermeked azt kérdezné;
mért vagy büszke rá,hogy mért szebb e táj bárminél?
Tanítsd meg neki holt költőink énekét, hogy mért él bennünk a hűség a síron túl is még!

Hmm….

Jöhet bármi, Te mindig tudd, hogy;
Áldott itt e Föld, a hömpölygő folyók, az erdők és mezők.
Ez az otthonunk itt kell élnünk, múltunk és jövőnk, minden hozzá fűz,
álma bennünk testet ölt.
Jöhet ezer új barát, sose keress új hazát.

詩の訳
(読み書きは今でも苦手。だから気に入ったものがあると訳したりしてる。でも、詩の訳は日本語が豊富じゃないと難しいねぇ・・・。個人解釈の訳なので間違ってるところも沢山あると思いますが・・・。見つけてもただ笑って見過ごしてくださいね!)

いつも誰かが大胆に発言をし、いつも大きな夢を持ってる者がいた。ただ悲しむだけでなく、何も無いところからも城を建てた。
沢山の考えと、沢山の心は世紀を超えても伝えられる。
また大きくなれるように 今でも新たな力と刺激を与えてくれる
過去の過ちがわかったなら。空に刻まれてる過去からの合図は、あなたはただ心で見ることが出来る。

何が起こってもあなたはいつも知っていて、聖なる土地、流れる川、森林と大地
今までも、これからも ここが我が家で、ここで生き、全てあなたと繋がり、この土地で夢を叶える、こうして永遠になる。

沢山の感情と情熱は冬の凍結からも戻り、いつも新しい春を待ち、良い事を祈る、生きる事を止めないで。それは臆病や嫌悪ではなく、愛する事がこれからに繋がる。すばらしい日々の中でも他の人の悩みが見えるようになる。
過去の過ちがわかったなら。空に刻まれてる過去からの合図は、あなたはただ心で見ることが出来る。

何が起こってもあなたはいつも知っていて、聖なる土地、流れる川、森林と大地
今までも、これからも ここが我が家で、ここで生き、全てあなたと繋がり、この土地で夢を叶える。
そしてもしあなたの子供がどうしてそれがそんなに自慢で、どうして他の土地よりすばらしいのかって聞いてきたら、
彼らに今は亡き詩人たちの詩を教えてあげてください、どうして亡くなってまでもここに愛着があるのか

何が起こってもあなたはいつも知っていて、聖なる土地、流れる川、森林と大地
今までも、これからも ここが我が家で、ここで生き、全てあなたと繋がり、この土地で夢を叶える。
沢山の新しい人達は着ても良いけれど、あなたは新しい家を探さないで。
Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)

Eurovision/ヨーロッパ歌のコンサート

毎年開催されてるヨーロッパの歌のコンサート

Eurovision
(クリックすると公式ページに移動します)

ヨーロッパ各国から一人出場し、競い合うのですが、
電話やショートメッセージシステムを利用して
コンサートをテレビで見てる人たちも投票出来るのですが、
残念ながら自国(ハンガリーの電話からハンガリーの歌手)へ投票は出来ないので、
投票をする人は、他の国の気に入った歌手に投票する事になりますが。

予選があって、本選が14日土曜日

10日に行われた予選で、ハンガリー予選通過ですよ!!
去年惨敗してたので、嬉しいですよね。

今回のハンガリーの歌手は
Wolf Kati(ヴォルフ・カティ)さん

ヴォルフ・カティ
この人。

結構好きな歌手だったので、予選通るといいなぁ〜ってドキドキしながらテレビ見てました。
本選で、何位になるか気になる所です。

歌っていた歌はこちらから
(Eurovision用の英語版矢印)




ちなみにハンガリー語版の曲はこちら矢印


歌詞
Én nem tudtam, hogy az ember mindent túl él.Én nem sírtam pedig engem eltörtél.
Vártam, hogy a nap többé nem kel majd fel.De hajnal lett újra és indulnom kell.

Refrén:
Szerelem miért múlsz, szerelem miért fájsz?
Szerelem hol gyúlsz, szerelem hol jársz?
Hol vagy, hol nem, a szívemben miért nincsen csend?
Szerelem miért múlsz, szerelem miért vársz?

Most bánat ráz, átjár egy régvolt láz.Hát lépnem kell, itt rám dől minden ház.
Az érintés emlékét így tépem szét.Társam már nincs más csak a száguldó szél.

Refrén
Szerelem miért múlsz, szerelem miért fájsz?Szerelem hol gyúlsz, szerelem hol jársz?
Hol vagy, hol nem, a szívemben miért nincsen csend?
Szerelem miért múlsz? Szerelem miért vársz?

(Még húz) Húz (Még vonz) Vonz
(Még fáj)
(Még húz) Még húz (Még vonz) Még vonz
(Még fáj)

10 lépés, 100 lépés távolság kell. Nem számít merre csak el, tőled el.
Mit mondhatnál, mit mondhatnék? 
Elkoptunk rég, szemeinkből nézd, hova tűnt a fény?

Refrén
Szerelem miért múlsz, szerelem miért fájsz?Szerelem hol gyúlsz, szerelem hol jársz?
Hol vagy, hol nem, a szívemben miért nincsen csend?
Szerelem miért múlsz, szerelem miért vársz?

(Válj szabaddá! Szállj világgá!) Szerelem hol jársz?
(Válj szabaddá! Szállj világgá!) Szerelem hol vársz?
(Válj szabaddá! Szállj világgá!) Élnem kell! Kell egy új remény!
(Vágy repíts fel! Új remény kell!)

Szerelem miért múlsz?
Posted by Tama | comments(1) trackbacks(0)

X FACTOR

知り合いに誘われて今回来たのが、

X FACTOR(Xファクター)のコンサート


ミーハーですか・・・ゆう★?・・・ってか古いゆう★??


いやぁ、小学生にまぎれて見てきましたよちゅん


X FACTORはイギリスの音楽オーディションテレビ番組。同じフォーマットを利用した番組がハンガリーでも去年行われてて、音楽オーディションが行われた後、テレビでライブショーが放送され、視聴者がショートメッセージや電話を利用して気に入った人に投票が出来る仕組みになってました。

Tama誰にも投票しなかったんだけど、お隣さんと一緒にテレビ見たりしててね。

ライブショーで出てた人たちのコンサートがセゲドであるって事で、見に行ってたんです。

hungary
携帯写真だから、全然撮れてないけど・・・。もともと写真撮る気も無かったんだけど。
ふと撮った一枚が、携帯にしてはまともに撮れてたから、ブログにもUPしてみました。

最後の2人まで残った2人が歌った時は、さすがに残っただけあって、
ステージの存在感も声も結構しっかりしてていいなって思ったのですが、

早くから、落選していった人たちのステージは
ちょっと上手な喉自慢大会のようで、うーん、悪くは無いけど、良くも無いか暑い

ただ、日本のコンサートだとカメラの持込とか厳しいのに、

hungary
ここだと、みんな写真撮るわ、録音するわ、何でもアリのようですゆう★
一眼レフを持ってきて写真撮ってる人もいましたよ!

テレビ番組のX FACTORの映像を数枚貼り付けておきました。
興味のある方はどうぞ。


これはガビチが一番気に入ってた歌と歌手


最終的に優勝した人はこの人でした矢印



Posted by Tama | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS